白髪を染めるたびに潤う白髪染め「ルプルプ」!

ルプルプは希少品種であるガゴメ昆布から抽出したルプルプWフコイダンが頭皮や髪の毛にしっとりと潤いを与えます。染めた後もツヤのある髪の毛に仕上がります。

合成添加物が入っていると頭皮にダメージをたくさん与えます。天然の染料を使用することでベニバナ、クチナシ、藍の葉、茎などを使用。肌が弱い人でも安心して使うことができます。トリートメント効果もあり、フコイダンのネバネバ成分に含まれる保湿力が染めるたびに艶を与えてくれます。

カラーは4色から選べます。赤みのあるやや明るめのブラウン、赤みのある落ち着いたブラウン、ベーシックで自然なブラウン、茶色に近いソフトブラック。どの色もそんなに派手な色ではなく自然な染め上がりなので使いやすいと言えるでしょう。しっかりと染めたいときはやはりシャンプー前に使用するのがおすすめです。

素手の場合は手を濡らしてから!

素手の場合は手を濡らしてからでないと染料が手について落ちにくくなりますので注意しましょう。爪に入るのが心配であれば手袋を使用するのが無難でしょう。ミディアムヘアでゴルフボール1個程度の量が目安です。

しっかり塗って髪の毛の生え際などはコームを使ってむらなく染めることができます。

待ち時間はシャワーキャップ、ラップを使って温めることでよりしっかりと染めることができます。最初の内は染まりにくいので5回程度染めれば定着していくと考えていいと思います。

一回色が定着してしまえば染める間隔を開けて色をキープしていきましょう。市販の白髪染めと違って毎日のように使っても髪の毛が傷む心配がないのがまた嬉しいところですね。

>>ルプルプの評判

 

白髪染めって男性用と女性用があるの?

男性用の白髪染めと女性用の白髪染めには違いはありません。

ただ、男性の好まれるお色味と女性の好まれるお色味では若干個人差はありますが傾向はあります。

男性は灰色(アッシュ系)緑(マット系)など寒色系を好む方が多く。女性は赤(レッド)栗茶色(ブラウン)など暖色系を好む方が多いように思います。

また、髪質も男性の方が太い(硬い)傾向になります。女性は細い(柔らかい)傾向ではありますが、こちらも個人差があります。太い毛と細い毛ではお薬の浸透するスピードが変わってくるため、反応も時間差があります。

太い毛の方が時間がかかりますし、細い毛の人は時間がかからない傾向にあります。お薬自体同じお薬を使っても仕上がりの時間が違うのはこのことがあるからです。また、放置しすぎるのも痛みの原因になりますので、たとえ太い髪の方もお薬の説明で書かれている

放置タイムを極力前後しないように施術する必要がございます。時間にして「30分」を越すようであればマメに髪えの染まりの状態を確認するようにしましょう。また、自信のない方はたとえ出費が加算でも髪の毛をボロボロにしてしまうくらいなら迷わず美容室でプロの施術を受けましょう。

髪の毛は死滅細胞です。傷んでしまえばもうもとにもどることはありません。

ダメージ0の白髪染め!人気の白髪用ヘアカラートリートメントとは?

私がおすすめしているダメージ0の、大人気の白髪用トリートメントの「ルプルプ」です。

ルプルプヘアカラートリートメントの優しさの秘密は、配合されているガゴメ昆布に含まれる
「フコイダン」という成分にあります。このフコイダンの研究をしているタカラバイオ株式会社と
ルプルプが共同開発して生まれたのがこのヘアカラートリートメントです。
フコイダンに関する数多くの特許をとり、その育毛効果が認められています。

北海道函館産のガゴメ昆布のフコイダンには皮膚の表面を薄いヴェールで多い、乾燥から守る効果があります。

そして普通の昆布よりねばり成分が強く、育毛効果が高いのも特徴です。髪の成長因子に働きかけ、育毛を促進することがわかっています。

そして沖縄・久米島産の海洋深層水も配合。この水の栄養豊富なミネラル成分が頭皮と

髪の毛を健やかな状態へと導きます。

染料も天然染料を使用しています。ベニバナ・クチナシ、藍の三つが優しく白髪を染めてくれます。

香りのよさも人気です。ラベンダー油、ローズマリー油、オレンジ油といったアロマオイル配合のため、あのいやなつんとしたニオイがなく気持ちよく使えます。

これらの成分でトリートメント効果を与えながら染めていくため、使い続けると髪の毛がつやつやになると評判を呼んでいます。

素手で染められるおすすめの白髪染めはこちら!

白髪染めは素手でする方が断然染めやすいのをご存知ですか?

お肌に優しいルプルプは素手でも染められます。素手で染める場合は、濡れた手にとることが
おすすめです。乾いた手にとってしまうと、手が染まってしまい、落とすのに少し手間がかかります。

髪の毛の量にもよりますが、濡れた手(気になるひとは手袋着用)でゴルフボール1個くらいを目安
に髪の毛になじませます。
生え際周辺にもしっかりとなじませ、コームを使うことでよりしっかり色が入ります。

公式サイトでは10分とありますが、しっかり染めたい人は20~30分くらいはおいたほうが
いいでしょう。シャワーキャップなどを頭にかぶったほうが色が入りやすいです。

このときぴったりとくっつけて隙間があかないようにするのがコツです。染まりにくいという人は、
さらにこの上から温めたタオルで覆ったり、キャップの上から温風ドライヤーで温めたり、湯船
につかって体を温めたりすると染まりやすくなります。

100円ショップにいけば、銀色の保温キャップもありますのでそちらも有効です。冬は特に染まり
にくいので、頭だけなく、体も温めるといいです。
湯船につかれないときは、サウナスーツなどを着て運動したりするのも一つの手です。

そして、洗い流したあとはしっかりとシャンプーとトリートメントをすれば完成です。
これを忘れると、耳や額に間違えてつけてしまってもたいていはきれいに落ちます。

イヤーカバーや生え際のコールドクリームは必要ないといえます。

白髪染めは自宅で簡単に!素手で染められるおすすめの白髪染め!

白髪添めをするなら自宅で簡単にやりたいと思いませんか?
最近では、手袋をつける必要のない、素手で染められる白髪染めが人気なのをご存知でしょうか?

自宅で簡単に白髪染めができて、髪も傷まないというのであれば、わざわざ美容院に行く必要ないと思いませんか?

美容院で染めると1回で安くても5,000円はかかりますよね?
自宅で染める白髪染めなら、商品によりますが高くても1回1000円もしないのではないでしょうか?

また、美容院の場合は長時間待たされるというのも私は苦手です。
自宅でくつろいでいる間に自然に白髪染めができればうれしいですよね!

自宅で簡単に染めたい

美容院に行くのは面倒くさい

髪に優しい白髪染めを素手で使いたい

そんなあなたにおすすめの白髪染めは、トリートメントタイプの白髪染めです!

逆に美容院に行った方がいい方は?

自宅で簡単に白髪染めができるということをご紹介しましたが、逆に自宅で白髪染めしない方が良い方というのはどのような方なのでしょう?

自宅が汚れるのが嫌

染めムラがでるのが嫌

自分で白髪染めなんてやりたくない

それでは、1つずつ詳しく説明しますね!

自宅が汚れるのが嫌

自宅で白髪染めをすると自宅が汚れてしまう、と勘違いされている方がいらっしゃいます。

私がおすすめしている白髪染めでしたら問題ありません。
お風呂場でトリートメントと同じような使い方ができますし、そのまま洗い流せますので自宅が汚れる心配もありません!

染めムラがでるのが嫌

確かに慣れないうちは、染めムラがでてしまうかもしれません。
ですが、数回使えばコツを掴むことができて、染めムラもそれほど気にならなくなってきます。

ただ、慣れるまで続けられないという方は、素直に美容院に行った方が良いでしょう!

自分で白髪染めなんてやりたくない

そもそも、自分で白髪染めなんてやらない!そう思っている方は、美容院に行くべきです!